愛知(名古屋、大府)・岐阜(下呂、大垣、各務原)を拠点に自然素材を用いた木造住宅・和風住宅なら飛騨工務店へ。

株式会社飛騨工務店

本物の木の家からはじまる温もりの生活を、伝えたい

安心の木材加工 - 天然木材住宅のススメ

天然木の家へのこだわりは、家族の笑顔と幸せを繋ぐ、温もりへのこだわり。

「こだわりや想いをカタチにする」それが我々の使命だと考えます

まず、「完全自由設計」へのこだわりです。
お客様と何度も対話を積み重ね、イメージしている住まいの想いや形を共有し、
暮らしに合わせた設計やイメージの先にあるものの提案をしつつ、唯一の住まいを設計いたします。

次に、「木」へのこだわりです。
構造になる桧や杉を一本一本吟味して適材適所に使われるよう配慮しています。
仕上げに使う無垢の床等の木材も良質なものをお届けできるよう本社工場にて管理しています。

そして、「職人の技」にこだわるということです。
飛騨の匠と呼ばれる、木を知り尽くした熟練の大工が家を造ります。
「ここはこうしたい」というお客様の想いを形にする事は、単に職人の「技」だけでなく、お客様とのコミュニケーションも重要です。
施工中もお客様との会話も大切にする事により、改めてその技がいかされます。

こうしたこだわりがより良い形になり、お客様に「飛騨工務店に頼んで良かった」と言っていただけるよう、社員一丸となって努力しております。


  • こだわりと想いが詰まった天然木の家です。

  • こだわりの木材は本社工場でいつでもご覧いただけます。

家族みんなが自然に幸せを感じる住まい造りへの挑戦

私たちだけの家を造るためにたくさんの想いを営業さんに相談しました。

曲がった木や大きな丸太、玄関の土間に木でできたタイルを張ってみたい等、いろいろな想いを営業さんにぶつけてみました。でも写真やイメージ図だけではなかなか実物を想像する事ができなかったので本社のある下呂に足を運びました。

飛騨の工場ではリビングに入る曲がり木を何本も準備していただき、その中から気に入った材料を選ばせていただいたり、床材や柱、大きな丸太も実際に組みあがる前に、一つひとつを見させてもらいました。

なかでも、玄関の床に張る桧のタイルは特にこだわりました。風通しのいい家にするために玄関を京都の町屋のような通り土間として、南北に貫くような玄関を設計してもらいました。そこの床は5センチの厚みに輪切りにした桧の柱を敷き詰めるようにしたのです。「切ったままの物を使うとすぐにボロボロになってしまうのではないか」と営業さんと相談して、桧のタイルには日本古来の防腐剤の柿渋を染み込ませることにしました。その柿渋を塗る作業は飛騨に行き私も一緒に作業しました。全部で3000個ほどの桧のタイルに一つ一つ柿渋を染み込ませ、ワンポイントになるようにベンガラを柿渋に混ぜ赤くしたり炭を入れて黒くしたりといろいろな桧のタイルを営業さんと現場監督さんと一緒にコツコツとつくっていきました。

家に使われる材料を自分の手でつくるということは、とても愛着がわきますし、桧のタイル一つ一つ年輪や色が違う事を自分の目で確かめる事ができ、とても良い体験でした。

そうやって私たちだけの家造りを実現するために、たくさんのイメージや想いを伝え一緒になって家を造ることができて、とても楽しい思い出にもなりましたし、益々愛着もわき上がってきています。飛騨工務店さんだからこそできた「こだわりの家造り」だと感謝と共に思っています。


  • 柿渋を塗って乾燥させているところです。

  • 桧のタイルを敷き詰めた
    「こだわり」の玄関です。

※刈谷市にお住まいのお客様の住宅を一例として掲載させていただきました。

施工実例

モデルハウス見学会のご案内

お問い合わせはこちら

Copyright (c) 2010, Hidakoumuten, All rights reserved.